iOSアプリをM1 Macにインストールする方法

MacBook

先日、iOSのスマホゲームであるウマ娘をMacOS上で完璧に動作したと紹介した件に続いて、今回はAppleSiliconを搭載したMacにiOSアプリをインストールする方法を紹介します。

注意:MacOS BigSur 11.3にアップデート後からウマ娘含む一部iOSアプリを起動できなくなりました。

先日の記事はこちら

https://asalog.jp/m1-macbook-でウマ娘が遊べた/

正規のインストール方法 (AppStore)

正規ルートでiOSアプリをインストールする方法はAppStoreからアプリを検索します。
この時、”iPhoneおよびiPad App”を選択することでiOS用のアプリを検索できます。

ソフトウェアベンダーでMacOSもサポートしている場合は入手でインストールできます。

IPAファイルからインストール (iMazing)

ウマ娘のように正式にMacOSがサポートされていない場合は、
iOS用のIPAファイルを抽出してからインストールします。

ここではiMazingというiPhone用のデータ管理ソフトを利用します。
有償のソフトですがトライアルで無償利用できます。

iMazing | iPhone, iPad & iPod Manager for Mac & PC
iMazing lets you transfer music, files, messages, apps and more from any iPhone, iPad, or iPod to a computer, Mac or PC. Manage and backup your iOS device simpl...

1.IPAファイルの保存

iMazingでiPhoneを接続して”アプリを管理”を選択します。

上部に”デバイス”と”ライブラリ”がありますが、ライブラリを選択します。
この時Apple IDが求められるのでログインします。

次にIPAファイルを保存したいアプリの雲マークをクリックしてダウンロードします。

ダウンロードしたIPAファイルは、右クリックのメニューから.IPAをエクスポートで保存します。

2.IPAファイルのインストール

保存したIPAファイルをダブルクリックして実行するとインストールが開始されます。

完了後、アプリケーションフォルダに”ウマ娘.app”がインストールされています。
あとは.appを実行するとiOSアプリが起動できます。

.appのプロパティはこちらの通り。
iOS用アプリとMacOS用アプリはほとんど見分けがつきません。
唯一、アプリケーションの種類がAppleシリコンのみとなっています。

注意点

  • 起動しない場合もある
    ウマ娘はほぼ完璧に動作しましたが、プリコネは起動すら出来ませんでした。
  • 不正なアプリ利用とみなされる場合がある
    pubgではMacOSからiOSのゲームに接続すると不正利用(チート)とみなされて、
    アカウントがロックされるようです。まずは捨て垢で試すようにしましょう。

以上の点に注意して遊びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました