2020年の「つみたてNISA」振り返り、タイミング投資の効果は?

資産運用

 2020年振り返りシリーズとして、今年で運用2年目になったつみたてNISAの状況について紹介します。

今年はコロナウィルスの影響で、一時株価が大幅に下落していましたが下半期にかけて大幅に回復し、つみたてNISAで運用を続けていた人はほとんど含み益で年末を迎えていると思います。

 つみたてNISAの基本は、一度積み立て設定した後は何もしないと思いますが、今年は少しタイミングを狙った運用をしてみました。その結果について紹介します。

つみたてNISAとは

 投資や資産運用というと、ギャンブルじゃないの?お金持ちがやるものでしょ?っといったイメージを持っている人もいるかもしれません。しかしながら老後2000万円問題が取り上げられたように、これからの日本では資産運用が必須になってきています。

 そのため、初めて投資する人が始めやすいように用意された制度がつみたてNISAになります。本家、金融庁の説明ページはこちらになります。

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です
引用:つみたてNISAの概要:金融庁

つみたてNISAの特徴は以下のことがあります。

  • 年間40万円までを最大20年運用することができる
  • いつでも売却することができ、運用益は非課税となる
  • 投資先は金融庁が認定した優良な投資信託が対象

年間40万円というと月々3.3万円の積み立てになるので、家計の範囲で資産形成することが目的とした制度になります。

運用実績

※以降、asakenの現状を説明するのみで、投資や資産運用は自己判断、自己責任でお願いします。

 まず、つみたてNISAは2年目なので運用額はトータル約80万円になりました。
2020年は下記の2本の投資信託を1:1で積み立てしました。

 そして2020年末の状況はこちらの通り。含み益になっています。
今年、つみたてNISAをしていた人は同じような損益かと思います。

 ただ、常に含み益があったわけではなく、株価の推移と同じように最大30%近い下落があり、その後徐々に回復していきました。値段が上がろうが下がろうが、淡々と積み立てる仕組みが効果的に働いた結果ですね。

実際の行動振り返り

 さて、冒頭に書いた通り、本来つみたてNISAは定額(3.3万円)を淡々と積み立てるのですが、今年は大幅な株価下落がありましたのでタイミングを狙った積み立も行いました。

 つみたてNISAではボーナス設定を活用することで、特定のタイミングに買い増しをすることができます。3月中頃に下記のルールで積み立て設定を変更しました。

  • 1月から3月頭は毎月3.3万円を定額投資
  • 3,4,5月の中旬にボーナス設定で5万円を4回に分けて投資
  • 6月以降は残り枠を毎月定額投資

この行動が良かったのか、投資信託の基準価格をもとにバックテストしました。
毎月均等が元々の定額積み立てを継続した場合の結果、2020年結果が上記ルールの結果になります。

    

数字としてはこちらの通り。結果としてはタイミング投資を入れた方が一回り多くなっています。ただ、元本が限られているので金額差は大きくはないですね。

  毎月均等 2020年結果
元本 ¥400,000 ¥400,000
評価額(2020/12/22時点) ¥458,739 ¥503,543
増減額 +58,739 (+14.7%) +103,543 (+25.9%)

まとめ

 さて、今回は2020年のつみたてNISAの状況と実際の行動を振り返りました。

今年は過去に例を見ないくらい株価が急激に下がり、また急激に上昇した年だったと思います。

つみたてNISAでも値下がったタイミングを狙って買い増しすることで、純粋な積み立てよりも少し良い結果になりました。ただ、結果としてよくなっただけで悪くなる可能性もあります。

 つみたてNISAのメリットは20年持ち続けることで複利の効果を最大限発揮することにあります。タイミングを狙った購入は1年目の損益しか影響なく、複利のメリットはあまり現れません。値段が上がろうが下がろうが継続することが一番重要です。

ただ、定期積み立てだと飽きてしまうので、少しだけいじるのも良いかもです。
※定型分ですが、投資は自己責任でお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました